ブドウ

ブドウ(一文字カーテン仕立て)【植え付け~初収穫まで編】

この記事では「一文字カーテン仕立てのブドウ栽培」についてまとめて語っていくよ。

あんどん仕立てでのブドウ栽培のまとめはこの記事をチェック!

鉢植えブドウ【植え付け~初収穫まで あんどん仕立て編】 植え付け植え付け1年目の管理植え付け2年目の管理 鉢植えブドウ (あんどん仕立て) 植え付け~初収穫ま...

栽培テキストも販売中!

詳しくはSHOPをご覧ください!

一文字カーテン仕立てについて

一文字カーテン仕立ては一文字仕立てをブドウに応用した仕立て方です。

イラストのように骨格を左右一文字に育成し、直線状の骨格から真上に結果枝を配置します。

「あんどん仕立て」よりも収穫量を多くしながら、省スペースでブドウ栽培を楽しむことができます。

【樹形完成見本】

一文字仕立てはイチジクでよく活用される仕立て方!

イチジクではこんな感じ↓

【地植えイチジク 一文字仕立て】

【鉢植えイチジク 一文字仕立て】

とにかくコンパクトにブドウ栽培を楽しむなら、鉢植えで「あんどん仕立て」にするのがおススメ!

なんだけど、

収穫量が少なくなるのがちょっぴり残念。

でも、プランター栽培で一文字カーテン仕立てにすれば、スペースを抑えつつ収穫量を少し増やすことができると思うよ。

【あんどん仕立てのイメージ】

植え付け

まずは植え付け!

植え付け作業は一般的な鉢植え作業と一緒だね。

植え付け時期は春植えがおススメ。

地域にもよるけれど3月中旬~4月上旬ごろかな。

鉢植えブドウ 植え付け作業  今回は 「鉢植えブドウの植え付け作業」についてざっくり語っていくよ。 ブドウ栽培のまとめ記事はこちらをチェック!...

植え付け1年目の管理

植え付け1年目はとにかくシンプル!

2本の枝を水平に育成するだけ!

枝を水平に誘引できるよう支柱を組んだら、枝を2本選んで水平に誘引しながら成長させていこう!

こんな感じ!

ここまで骨格が育成できたら、摘芯を行って枝の充実を図ろう!

育成の様子は動画で見てもらうとイメージしやすいかも!

植え付け2年目の管理

植え付け2年目の管理もシンプル!

育成した骨格から真上に枝を伸ばしていくだけ!

このシンプルさが一文字カーテン仕立ての魅力でもあるね。

【植え付け2年目 5月の様子】 

ちょっとしたポイントを2つご紹介!

①「巻きひげは切除!」

②「支柱よりも高く伸びた枝は摘芯!」

巻きひげは

「病原菌の越冬源になったり」・「養分の浪費源になったり」・「残しておくと支柱に絡みついたまま硬化して邪魔になったり」

と残しおいても良いことはありません。気が付いた時に切除していきましょう。

支柱よりも長く伸びても、枝を誘引する場所がありません。

支柱を超えて高く伸びた個所は摘芯を行い、枝の成長を止めましょう。

こうすることで「枝の伸長」ではなく「枝の充実」・「果実肥大」に養分が回るよう調整します。

どうせ長くのばしても冬には1芽~2芽残しで切り戻します。

どうせ切ってしまう部分に養分を浪費するのではなく、「今年収穫する果実」・「来年の芽」へ養分が回るように摘芯をした方が効率的です。

植え付け2年目になると、木によっては花穂(蕾のまとまり)ができてくるね!

花穂が出てきたら、木の育成状況と相談しながら果実をならすか決めよう!

順調にいけば、植えつけ2年目に樹形が完成するよ!

記事は順次追記していくよ!!

youtubeと連動しているから、よければyoutubeもチェックしてみてね!!